封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!
HOME » オリジナル封筒でできることとは? » チケット用の封筒

チケット用の封筒

商品券や招待券などを顧客に送る際に便利なチケット専用の封筒。作成時のポイントなどを紹介します。

チケット用封筒の印刷方法の種類

ギフトカードや商品券、招待券、割引券、映画やコンサートのチケットなどを入れる際には、専用の封筒があると便利。チケットと封筒の大きさがあまりに違うと、見栄えも悪く、取り出しにくいからです。

チケット用の封筒は、一般的な封筒と少し形状が異なります。

横型で、フタの部分が大きく、底の部分が浅くなっています。これは、チケットを見やすく、出し入れしやすくするためです。

チケット用の封筒を印刷する方法は3種類

チケット用の封筒印刷には、既製封筒に印刷するタイプ、オーダーメイドで作成するタイプ、セミオーダータイプがあります。

中に入れるチケットの大きさによっては、既製封筒に印刷だけをする方法が、手軽でコストも抑えられるのでおすすめです。

チケットの大きさや形状が特殊な場合には、オーダーメイドで作成することもできます。

セミオーダータイプは、数種類ある既定サイズの中からサイズを選び、好みのデザインを印刷する形式です。

チケット用の封筒をオーダーメイドでつくるときのポイント

オーダーメイドでチケット用の封筒をつくる場合には、さまざまな加工が可能です。

基本的には、左右が糊付けされていますが、片側だけを糊付けして、もう片側は糊付けしないということもできます。

ギフトカードや商品券などを入れるなど、高級感を出す場合には、厚めの用紙や和紙を選んだり、ダークカラーにするのがおすすめです。

箔押しやエンボス加工を施すと、高級感がさらに増します。

映画やコンサートのチケットは、凝ったデザインのものも多いので、それを入れる封筒も中のチケットに見合ったものをつくってみてはいかがでしょうか。

映画やコンサートの雰囲気に合ったデザインにしたり、用紙の素材や加工にこだわったりして、映画やコンサートがさらに楽しみになるような封筒をつくってみましょう。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較