封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

ポチ袋

ポチ袋というと、子どもへのお年玉を入れる袋というイメージがありますが、お礼を渡したり、ちょっとしたプレゼントを入れたり、細かいものをまとめたりとさまざまな使い道があり、手元にあると重宝します。ノベルティとしても人気のポチ袋をオリジナル印刷で作成してみてはいかがでしょうか。

ノベルティとしても人気のオリジナル印刷のポチ袋

ポチ袋画像お年玉袋として用いられることの多いポチ袋。お金を入れるだけでなく、ちょっとした小物などを入れることもできるので、さまざまな場面で役立つ、あると重宝するアイテムです。

そのせいか、企業や銀行では、お正月のノベルティとしてポチ袋を用意しているところも多いのだとか。

オリジナルデザインのポチ袋を作成することで、企業の宣伝効果を高めることができるかもしれませんね。

定番サイズの物であれば、既製の封筒に印刷することで簡単につくることができます。

もちろん、オーダーメイドでの作成も可能。展開図の状態で印刷し、印刷後に組み立てるため、既製封筒への印刷に比べて、ほぼ全面に印刷が可能です。

また、ポチ袋を作成する際には、1枚の紙に6つの展開図を並べていくため、一度にデザインの異なる6種類のポチ袋を作ることもできます

さまざまな用途のあるポチ袋

ポチ袋という名前の由来は、「ポチ」という言葉が、関西の方言で「心づけ」や「祝儀」を意味するという説や、やはり関西の方言で「少しだけ」という意味からつけられたという説など、いくつかあります。

手頃な大きさのポチ袋には、お年玉を入れるだけでなく、さまざまな用途があります。

借りたお金を返すときに入れて渡したり、会費の集金の際に利用したり、ポイントカードやこまごましたものをまとめるのにも役立ちます。

ポチ袋の始まりは、ひいきの芸者さんやお店の人に渡す心づけを入れるために使われたことだといわれています。

ポチ袋を利用していた旦那衆は、ポチ袋に自分の名前や家紋を入れることもあったのだとか。

封筒印刷会社では、ポチ袋への印刷もできます。オリジナルデザインのポチ袋を作って、こうした古き良き伝統を踏襲してみるのもいいかもしれませんね。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較