封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

パッケージ製作

オリジナル封筒では、郵便用の封筒だけでなく、商品パッケージをつくることもできます。紙ならではの柔軟性を活かしたパッケージが実現します。

選択肢が広がる封筒でつくるパッケージ

衣料品や食べ物などを入れるパッケージ製作も、オリジナル封筒でできることのひとつです。

パッケージとしては、箱も多く使用されていますが、箱よりも封筒のほうが、選択肢の幅が広がります。

箱の場合は、四角、三角、円錐形など、いくつかの形状は選べるものの、箱は、基本的には直線でできているものなので、ある程度、形は絞られてしまいます。

その点、封筒であれば、内容物に応じてさまざまな形状にすることができます

また、箱に使用される紙の種類はそれほど多くありませんが、封筒であれば、通常の紙素材はもちろん、和紙、トレーシングペーパーのような半透明用紙、OPP袋やCPP袋などの透明封筒など、いろいろな素材や質感から選ぶことができます。選ぶ素材によってカジュアルにもなりますし、高級感を出すこともできます

また、箱よりも封筒のほうが、コストが安くなることが多いです。

封筒パッケージの魅力

封筒でパッケージをつくることのメリットのひとつに、商品のサイズにピッタリのものがつくれるということが挙げられます。

服や靴下などの衣類では、透明封筒を使用するほか、窓をつけて中身を見せるという方法も効果的です。

窓をつくるときには、セロファンを貼ってもいいですし、質感を売りにしている衣類なら、あえてセロファンを貼らずに、手で触って感触を確かめられるようにしても…。

衣類にはタグがつけられていますが、封筒パッケージにすることで、商品情報やブランドイメージを十分に盛り込むことができます。

ラッピング不要のデザインにすれば、ラッピングコストの削減にもなります。

靴下やハンカチなどの小さな布製品の場合、うまく立てかけられないということも多々あるのですが、封筒に入れることで立てかけたり、壁に貼りつけたりという陳列方法ができるようになります。

中身が直接、人の手に触れないので衛生面でも安心です。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較