封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

パッケージ製作

オリジナル封筒では、郵便用の封筒だけでなく、商品パッケージをつくることもできます。紙ならではの柔軟性を活かしたパッケージが実現します。

選択肢が広がる封筒でつくるパッケージ

衣料品や食べ物などを入れるパッケージ製作も、オリジナル封筒でできることのひとつです。

パッケージとしては、箱も多く使用されていますが、箱よりも封筒のほうが、選択肢の幅が広がります。

箱の場合は、四角、三角、円錐形など、いくつかの形状は選べるものの、箱は、基本的には直線でできているものなので、ある程度、形は絞られてしまいます。

その点、封筒であれば、内容物に応じてさまざまな形状にすることができます

また、箱に使用される紙の種類はそれほど多くありませんが、封筒であれば、通常の紙素材はもちろん、和紙、トレーシングペーパーのような半透明用紙、OPP袋やCPP袋などの透明封筒など、いろいろな素材や質感から選ぶことができます。選ぶ素材によってカジュアルにもなりますし、高級感を出すこともできます

また、箱よりも封筒のほうが、コストが安くなることが多いです。

封筒パッケージの魅力

封筒でパッケージをつくることのメリットのひとつに、商品のサイズにピッタリのものがつくれるということが挙げられます。

服や靴下などの衣類では、透明封筒を使用するほか、窓をつけて中身を見せるという方法も効果的です。

窓をつくるときには、セロファンを貼ってもいいですし、質感を売りにしている衣類なら、あえてセロファンを貼らずに、手で触って感触を確かめられるようにしても…。

衣類にはタグがつけられていますが、封筒パッケージにすることで、商品情報やブランドイメージを十分に盛り込むことができます。

ラッピング不要のデザインにすれば、ラッピングコストの削減にもなります。

靴下やハンカチなどの小さな布製品の場合、うまく立てかけられないということも多々あるのですが、封筒に入れることで立てかけたり、壁に貼りつけたりという陳列方法ができるようになります。

中身が直接、人の手に触れないので衛生面でも安心です。

封筒印刷のパッケージデザインで商品の魅力を上げた例を紹介

プロの封筒印刷業者を利用するメリットのひとつに、「オリジナルのデザイン・形状でパッケージ製作をすることができる」という点があります。とはいえ、世の中には数多くの商品があり、参考になるものを見つけるのも簡単ではありません。そこで、実際に「封筒屋どっとこむ」が製作したものを中心に、商品をより魅力的に見せるパッケージの具体例を紹介していきます。

自社の商品を魅力的に見せるためにはどういうデザインがよいのか、また封筒印刷の業者はどこまでお願いを聞いてくれるのか、実際のパッケージを見て確認していきましょう。

自社の主力商品デザインを封筒化


参照元:封筒屋どっとこむ
(http://www.fuutouya.com/)

鳥取県の乳牛業者が集まった、大山乳業という農協の商品パッケージです。パッケージデザインは、大山乳業が取り扱っている主力商品である「白バラ牛乳」のものを流用しています。見慣れた牛乳パックのデザインをそのまま封筒に使うことで、見た目のインパクトと商品の認知度アップにも貢献しているのです。

封筒をうまく使った、オリジナリティのあるパッケージ製作の好例ですね。

ちなみに、大山乳業では同じデザインを使い、スマートホンケースなどさまざまな商品ラインナップを展開しています。

大胆な形状とロウ引き加工を併用して「物語」のあるデザインに


参照元:封筒屋どっとこむ
(http://www.fuutouya.com/)

日暮里駅前にある老舗の佃煮屋である「中野屋」が、封筒屋どっとこむと協力してつくったオリジナル封筒です。富士山の世界遺産登録を記念して、特別商品のパッケージとして考案されました。

昔から「つくだに袋」といわれているロウ引き用紙を、富士山をイメージした三角形にまとめています。ロウ引き用紙独特の質感と、富士見坂という地名にちなんで富士山の形をしたパッケージは、ほかの店にはないインパクトのあるデザインです。

商品をプラスチックの容器にただ入れるよりも、デザインにこだわりや物語のあるパッケージに入れたほうが、手にとってもらいやすくなりますよね。

シンプルな封筒も入れる商品次第で印象的に様変わり


参照元:封筒屋どっとこむ
(http://www.fuutouya.com/)

宮沢賢治の世界観をお手本に、鉱物や天体のデザインを使った独自のイラストや商品を販売している、「RubbishART'S GADEN」のカード用パッケージ封筒です。

天体をモチーフにした素敵な商品を、隠すことなくあえて見せるデザインのオリジナル封筒になっています。また、パッケージングする商品のサイズにぴったりと封筒の大きさを合わせることで一体感を出し、かさばらないようにしているのもポイントです。

凝ったデザインにしなくても、商品のデザインがもともと優れている場合はちょっとした工夫で商品の魅力を引き立てることができます。

見て開けて楽しいパッケージデザイン


参照元:封筒屋どっとこむ
(http://www.fuutouya.com/)

広島県の西洋菓子店「西洋菓子処バイエルン」と封筒屋どっとこむがつくった商品のパッケージ封筒です。お菓子を入れるためのパッケージとして製作されています。

封筒の中が見えるようにすることで、店先で気に入ったお菓子を家に持ち帰ってからパッケージを開けて食べるまで、視覚と味覚両方で楽しむことができるようになっているのがポイントです。

同じデザインのパッケージでも、6色のカラーバリエーションがあれば飽きがこないうえにお菓子の種類によって色を変えることもできます。封筒なので、使わないときは一般的な紙袋よりもスペースを取らないのもメリットでしょう。

シンプルさを追求して高級感を高める


参照元:封筒屋どっとこむ
(http://www.fuutouya.com/)

仏像彫刻師がつくる、京都のシルバーアクセサリーショップ「睦海」のパッケージ封筒です。木の質感を思わせる濃茶色の用紙には、温かみのある手触りでカラーバリエーションも多いラシャを使っています。

商品であるシルバーアクセサリーと同色の銀で箔押しを行い、無駄なデザインをすべて排除、袱紗のように商品を入れた封筒をさらに包む封筒を用意することで、パッケージの高級感を引き立てているのがポイントです。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較