封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

招待状の封筒

結婚式やパーティーなどの招待状にも使えるオリジナル封筒。華やかな場にぴったりのデザインでつくってみましょう。

封筒印刷会社で作成できる招待状とは

招待状イメージ画像オリジナル封筒では、結婚式やパーティーなどの招待状の封筒デザインも可能です。結婚式やパーティーをより楽しいものにするためにも、招待状を受け取った瞬間からゲストの心が弾むようなものをつくりたいですね。

結婚式やパーティーなどは、フォーマルなイメージが大切です。

安っぽいイメージにならないように、用紙は厚みのあるものを。高級感のある和紙や、カラーペーパーに半透明の紙を重ねるのもおしゃれです。

また、印刷会社だからこそできる印刷加工を施すのもおすすめです。招待状を作成する際におすすめの加工には次のようなものがあります。

箔押し

文字や絵柄の金型を作り、熱と圧力を加えることで、用紙に転写させる方法です。箔がそのままつけられるので、用紙の色に左右されません。箔押し加工がされているだけで、グッと高級感が高くなります

金や銀の箔が使われることが多いのですが、黒や白、カラーのメタリック、ホログラムなどもあります。

箔押しは、加工面積と箔の種類によって金額が変わってきます。

エンボス加工

凸版と凹版の間に用紙を挟んでプレスすることで、用紙に模様や文字を浮き上がらせる方法です。

陰影ができるので、そのままでも十分表情が出るのですが、印刷や箔押しと組み合わせると、さらに華やかになります。

表面に凹凸のある紙を使うと、エンボス加工の効果がより発揮されます。

空押し

紙に、文字や模様の版をプレスしてへこませる方法です。インクや箔を使わなくても表情を出すことができ、余計な色を使わない分、落ち着いた印象になります

封筒印刷会社の中には、招待状の宛名の印刷までを請け負ってくれるところもあります。招待客が多いパーティーでは、宛名書きもかなりの労力を使います。宛名書きに時間を費やしてしまい、肝心のパーティーの中身の準備に支障をきたしてしまっては本末転倒です。

万全の準備でパーティーを迎えるためにも、こうしたサービスをぜひ利用してみてください。

印刷会社に頼むと、効率よく仕上がる

自分でワードなどを使い招待状を作成しようとすると、まずデザインを考えるのに数日を要します。パソコン作業に慣れていない人だと更に時間がかかります。

そして用紙など必要なものをピックアップして購入後、印刷と招待所が完成するまでにいくつもの工程を経なければなりません。更に、最終的に自分の納得のいく封筒印刷ができるかどうかも定かではありません。

一方で、封筒印刷会社に依頼すると、出来上がりまでの工程が大幅に短縮されます。封筒印刷にかける労力や時間を節約できてとても効率的です。

しかも、印刷のプロによる仕事なので、決められた期日までに確実に仕上がります。そして、自分の満足にいく封筒印刷が出来上がるというのもメリットの一つだと言えます。

印刷会社の印刷だと文字も乱れず、キレイなまま保てる

特に封筒の宛名書きは、手書きだと時間も手間もかかる上に、字の上手い下手などによって、受け取る相手側の印象も変わってきます。

しかし印刷会社による高度な印刷技術を用いることで文字も乱れず、全て均一でキレイな印字に仕上がります。また、字を間違える心配もないので、封筒の書き損じも生じません。

プリントミスがなく、用紙が無駄にならない

自分で印刷を行うと印刷方向を間違えたり、位置がズレてしまう可能性もあります。設定自体うまくできないと、いつまでたっても印刷が進みません。

用紙の表裏を間違える給紙トラブルなどのミスが続くと、用紙が無駄になったり、足らなくなって買い足す必要も出てきます。封筒印刷会社に依頼すれば、ミスプリントの心配もなく、完璧な仕上がりが約束されます。

インク切れの心配もない

特に大量印刷の場合は、インクが最後まで持たず途中でなくなってしまう可能性もあります。また、予め全ての色のインクを揃えなければなりません。インクを交換したり、買い足す必要も出てくるので余分に費用が手間もかかります。

更に印刷が上手くいかず試し刷りをしていると、余分にインクも消費されます。しかし印刷会社ならインクは常備されているので、インク切れの心配もありません。

部数が多いと単価が安くなるので大量印刷に最適

印刷会社では、印刷枚数が多い場合オフセット印刷で行います。オフセット印刷は、始めに印刷の原版を作り、原版から転写するという印刷方法です

。基本的に大量印刷になると1枚当たりの単価が下がるので、コストパフォーマンスが良くなります。更に印刷枚数が増えると高画質になり、文字の輪郭がクリアになり印刷がよりキレイに仕上がるのもメリットの一つです。

用紙を用途に合わせて選べる

招待状と言っても結婚式や会社の懇親会の招待状、展示会やイベントの案内状など様々なシーンで用いられます。フォーマルな場もあれば、親しみやすいアットホームな雰囲気が求められる場合もあります。

それぞれの場の雰囲気や送り先の方と自分との関係や立場などによって、印刷に使う用紙を変えたほうがよい時もあります。

用紙の種類や色を自分でいくつも揃えるのは大変ですが、印刷会社なら予め様々な種類、色の用紙がストックされているので用紙を選びやすいというメリットもあります。

また封筒の形や大きさなども自由に変えられるため、使う封筒のバリエーションも広がります。

加工印刷にも対応できる

印刷会社だからこそできる印刷加工を、封筒印刷に取り入れることができます。通常の用紙をエンボス加工や箔押しなどの加工を施すことで、ぐっと華やかになったり、逆に落ち着いた雰囲気を醸しだしたり、更に高級感溢れる封筒にもなります。

同じような封筒が並んでいても目立ちやすくに、受け取った相手の印象にも残りやすくなります。そして、招待されている展示会やイベントなどに興味を持ってもらえるきっかけになる場合もあります。

期日まで印刷物を預かってもらい、納品先を指定できる

封筒印刷が数千部などかなり大量になると、仕上がったものを保管する場所も必要となります。また、印刷が仕上がるまで印刷機を占領し、保管場所まで印刷物を運ぶのも大変です。

その点封筒印刷会社に依頼すれば、期日前に仕上がっていても印刷物を保管し、納品先をしてすれば期日にきちんと納品してもらえます。

思わず見とれる!封筒印刷するなら参考にしたい招待状のアイデア

招待状

招待状のデザインには高級感のあるもの、かわいらしいもの、ナチュラルなものなどがあります。シンプルなものやアンティーク調、和風なものは高級に見え、キャラクターやアニマルもの、クレヨンタッチのものはかわいらしく、ガーデン風や季節風のものはナチュラルな印象を与えます。

それぞれのデザインのポイントを参考にしてみてください。

シンプルなものは高級に見える

あまりごちゃごちゃとデザインを盛り込まず、真ん中にロゴだけつけるというような招待状は高級感を感じさせます。ポイントは色と質感です。ベースの色は深みのある濃紺やブラックに、文字は金色や銀色で印刷された招待状は高級感あるものに見えます。

また、厚紙にマットな感じを出したり、縦ラインに凸凹をつけるだけでも質感から高級感が出ています。

アンティーク風でノスタルジックに

招待状には、アンティーク風のものがありますが、これはシックな感じをもたらします。チャペルで結婚式をあげる夫婦が出す招待状に似合うような印刷です。ノスタルジックな感じのするデザインは大人な雰囲気を出しながら、遊び心を持たせることができます。

草花や小鳥のデザイン、アンティーク調の文字と美しくも落ち着いた配色で見るものをノスタルジーの世界に誘い込みます。

伝統的なデザインの和風

素材を和紙にせずともデザインを工夫するだけで十分和風になります。伝統を大切にしたい、格式高い感じを出したいときに和風にすると簡単にその雰囲気を出すことができます。招待状のデザインでは留袖風や振袖風など着物をイメージしたものがあります。また、七宝や花菱、亀甲や市松などを四隅にいれるなど昔ながらの模様を入れても伝統を感じさせるものになります。

愛らしいキャラクターもの

かわいらしい印象のものといえばキャラクターが描かれたものです。例えば、不思議の国のアリスやシンデレラ、白雪姫などの女性の人気が高いキャラクターが描かれたものがよいでしょう。ベースの色は淡いパステルカラーにすると、さらにかわいらしさが増します。

丸みを帯びたアニマルのデザインでかわいらしくなる

愛らしいウサギやクマなど、丸みを帯びたシルエットで描かれたデザインもかわいらしくなります。また、猫や犬などの身近に感じるアニマルがかわいく描いてあるだけでも見た人をほっこりさせてくれます。

タッチが淡いとそれだけでもキュートに

クレヨンタッチで描かれている淡い色調のデザインは、それだけでもかわいい印象をもたらします。手書きのような天使やハートなどをあしらうと、より一層、幸せそうな心温まるデザインに仕上げてくれます。

ナチュラルの王道はガーデン風

コットンや麻、和紙などの素材を使用し、ガーデン風に仕上げられた招待状のデザインはナチュラルな印象をもたらしたい場合にぴったりです。招待状の表ではなく中に草花をあしらったり、招待状の中側に木目調のデザインをもってくるなどの工夫もよいでしょう。さらに、チョークアートや押し花風にデザインしたものもナチュラル調の定番です。

季節がテーマであればナチュラルになる

季節感を表現したものも自然とナチュラルな印象をもたらしています。

例えば、夏がテーマであればヒトデやタツノオトシゴなど海の生き物を取り入れていたりすると爽やかな夏をイメージさせることが可能です。また、砂浜の写真を全面に印刷したり、イカリマークをつけて青のストライプを用いればそれだけでも夏のイメージができあがります。

素材で言えば、トレーシングペーパーを使用して透け感を出し、暑い夏に涼しげな印象になるものもよいでしょう。季節風のものには、その季節の草花、生き物をデザインとしたものが多いので、自然とナチュラルなイメージにすることが可能です。

封筒印刷の招待状をさらに個性的にする簡単なアイデア

招待状用の封筒は、ちょっとした一手間をかけるだけで一気に個性的にできます。

お金をかけずに簡単にできる工夫をはじめとして、一風変わったオリジナルの封筒作りを助けてくれるさまざまなアイデアを見ていきましょう。

手作りハンコでグレードアップ

ジャガイモや消しゴムを使った手作りのハンコを押すことで、招待状の見た目も個性的になります。手作りハンコの作成に必要なものは、ジャガイモまたは消しゴム、デザイン用のカッターナイフ、トレーシングペーパー、インクだけです。

どれも100円均一でそろえることができるアイテムですし、一つ作れば使い回しができるため、大量の招待状を送るときにも役立ちます。

リボンをつけて立体的に

シンプルなデザインの招待状と封筒でも外側にリボンをかければかわいらしい見た目にすることができます。大きめのリボンであれば立体感も生まれるので、ダイレクトメール等に紛れてしまうこともありません。

手書き文字で親近感アップ

封筒の一部を手書きにするのも親近感をアップするアイデアの一つです。基本となるデザインは印刷してもらい、招待する人に合わせた一言コメントやイラストを添えるだけで、招待状を受け取ったときの嬉しさも一段とアップするでしょう。

封筒の裏に飾り紙を貼る

横書きタイプの招待状を送るなら、封筒の裏側に飾り紙を貼るとさりげないおしゃれ感を演出することができます。用意した封筒におしゃれな紙を貼るだけでよいので、個性的なアイデアが湧かない、絵が苦手、字が汚いと悩んでいる人でも簡単にできるのがポイントです。

千代紙や招待相手との思い出の写真などを印刷して貼り付けるのもよいでしょう。

オリジナル切手でユニークに

封筒を郵送するためには、切手が不可欠です。そこで、招待状の送付に必要な切手をオリジナルデザインで作ってみてはいかがでしょうか。日本郵便に好きな写真を持ち込むと、好きなサイズのオリジナル切手を作ることができます。 世界に一つだけのオリジナル切手は、記念品にもなるのでおすすめです。

切手のこびとを使う

「切手のこびと」というスタンプを購入すると、切手をかわいらしくアレンジすることができます。 市販のスタンプを組み合わせるのもおすすめですが、せっかくなら封筒印刷を頼むときに、オリジナルスタンプを作ってもらってもよいでしょう。

スタンプならインクさえあれば次々と押していくことができるため、招待客が多い場合も手軽に招待状をアレンジすることができます。

押し花を入れる

ガーデニングをしていたり、近くにきれいなお花がたくさん咲いている場所があったりするのなら、押し花を作って招待状に同封してみましょう。 押し花に使うのは、小さな花の花びら一枚で構いません。招待状に貼り付ければ招待状のデザインもよくなりますし、しおりやカードにすればプレゼントにもなります。

ドライフラワーなら封筒への香りづけにもなるので、女性に喜ばれること間違いなしのアイデアです。

愛用の香水を一吹きする

招待状や封筒の内部に、シミがつかないように軽く香水を一吹きしましょう。届いた封筒を開けたときに香水のよい香りがふわりと漂う、とてもおしゃれな招待状になります。紙に香水を吹きかけると香りは軽く数日以上もつので、郵送中に香りが飛んでしまう心配もありません。

ただ、香水の香りには好みもあるので、きつい香りのものを選ぶのは避けたほうがよいですね。

テープではなく封蝋でとめる

招待状の封印を、テープやノリではなく封蝋(シーリングワックス)で行うのもおしゃれです。文房具好きの人、海外で手紙のやり取りをしたことがある人でないと馴染みのないものだからこそ、招待状に封蝋を使うと目立ちます。封蝋に必要な道具は文具店に行けばそろえることができますし、招待状以外の封筒や手紙を送るときにも利用可能です。

封筒印刷が安い!おすすめ封筒印刷会社を比較>>

ハグルマ

ハグルマ
納品までの速さ 14営業日
価格(税抜) 51,667円

封筒屋どっとこむ

封筒屋どっとこむ
納品までの速さ 8~12営業日
価格(税抜) 21,166円~55,296円

封筒印刷のコンシェルジュ

封筒印刷のコンシェルジュ
納品までの速さ 12営業日
価格(税抜) 26,235円~46,073円