封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

圧着ハガキ

郵便コスト削減効果も!圧着ハガキのさまざまなメリット

圧着はがき
画像引用元:PAC 印刷通販プリントパック
https://www.printpac.co.jp/contents/attyaku.html

ダイレクトメールなどによく使われている圧着ハガキ。複数のハガキが貼り合わさって1枚になっており、「ここからはがして中身をご覧ください」と書かれているものをよく見かけます。

実はこの圧着ハガキには情報伝達ツールとしてさまざまな利点があるのです。

機密性が高い

圧着ハガキの第一の特長は、密閉性・機密性が高いことです。

貼り合わせてあるので剥がさなければ中面を見ることができず、一度剥がすと元に戻すことができないので、他人に見られたくないプライバシー情報を記載するには最適なつくりです。

2倍、3倍の情報が入れられる

圧着ハガキは表裏面はもちろん、中面にも情報を記載できるので、通常のハガキの2倍、3倍の情報を印刷することが可能です。

なおかつ、郵便料金はハガキ1枚分で良いので、コスト削減が叶います。

多くの人へ向けてたくさんの情報を発信したいときには、圧着ハガキは有効なツールなのです。

人件費の削減にも

封筒に手紙を入れて送るには封入作業が必要となりますが、圧着ハガキの場合はその手間もかかりません。

事務作業を減らせるので人件費の削減にもつながります。

ワクワクさせる心理効果も!

人は隠されたものを見ると中を覗きたくなるもの。圧着ハガキでお客様向けにお得情報を送れば、「中に何が書かれているんだろう」と気になって開けてもらえる確率が高まります。

このような心理作戦で、企業やお店への興味・関心を高めることが可能となります。

用途に応じて選べる圧着ハガキの種類

圧着ハガキには主に以下の3つの種類があり、目的に応じて使い分けられます。

写真を送るのに適したフィルム圧着方式

圧着面がラミネート加工のようにツルっとしているのがフィルム圧着方式の圧着ハガキです。用紙の間にフィルムを挟んで熱と圧力で接着します。光沢があるので写真などが鮮明に印刷できます。

低コストで量産できるUVニス圧着方式

用紙に特殊なニスを塗り、熱と圧力で接着します。フィルムを使わないので低コストで済み、ある程度の光沢もあるので大量に送付したい時に有用です。

請求書の送付に適した後糊圧着方式

用紙に糊を塗って接着する方式です。光沢がないので写真の印刷などには向いていませんが、密閉度が高く、請求書など高度なプライバシー情報を送るには最適です。

アイデア次第でとっても使える!圧着ハガキの意外な活用法

以上の特長から、圧着ハガキはダイレクトメールなどを送るのに最適なツールですが、工夫次第でさまざまな書面に活用できます。

給与明細や月謝の請求書に

プライバシーを守りたい給与明細や月謝などの請求書には圧着ハガキがお勧めです。封書と違って封入作業をする手間がいらず、万が一第3者に開封されてもすぐに分かるので安心です。

返信用ハガキ付きの送付物に

返信用のハガキを付けて招待状を送りたい時にも圧着ハガキが便利です。招待状と返信ハガキを圧着して送ればハガキ1枚分の料金で済み、封入するよりも低コストで済みます。

ハグルマ

ハグルマ
納品までの速さ 14営業日
価格(税抜) 51,667円

封筒屋どっとこむ

封筒屋どっとこむ
納品までの速さ 8~12営業日
価格(税抜) 21,166円~55,296円

封筒印刷のコンシェルジュ

封筒印刷のコンシェルジュ
納品までの速さ 12営業日
価格(税抜) 26,235円~46,073円