封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!
HOME » オリジナル封筒でできることとは? » 会社専用の封筒デザイン

会社専用の封筒デザイン

会社専用の封筒をデザインするために、知っておきたい基本知識や加工方法についてまとめています。

オリジナル封筒なら会社専用の封筒もデザインできる

オリジナル封筒では、会社専用の封筒をデザインすることができます。

業務用として使用するだけでなく、コーポレートカラーやロゴなどを取り入れることによって、企業のブランディングにもつながります。封筒に印刷する内容としては、社名やロゴマーク、住所、電話&ファックス番号、メールアドレス、URLなどが一般的です。

封筒のサイズやフタを既成のものと変えたり、封筒の窓の位置や形を変えたり…ということも特注製作(オーダーメイド)で叶います。

既成の封筒に印刷する場合、よく使われるサイズは…

企業では、書類などはA4サイズの用紙がベースになっていることが多いので、A4用紙がそのまま入れられる角形2号や、A4用紙を三つ折りにして入れられる長形3号、洋形0号(洋長3号)などの封筒がよく使われています。

他者と差別化を図るための個性的な封筒印刷

会社専用の封筒をデザインする場合、企業の個性を出したり、他社と差別化を図りたいと考えるケースも多いのではないでしょうか。そのような場合に、おすすめの加工・印刷方法があります。

頭ベタ、全面ベタ印刷

封筒のフタの部分をコーポレートカラーのベタ印刷にしたり、封筒全体にコーポレートカラーでベタ印刷にする方法。カラーの用紙を使うよりも、鮮やかな色を出したり、より本来のコーポレートカラーに近い色を出すことができます。

窓加工

封筒の一部を切り抜いて中身が見えるようする加工。四角い窓が一般的ですが、抜型のある印刷会社ならば、丸や三角などにも対応してくれます。

家や車、花など、扱っているものにちなんだ形にも対応してくれる印刷会社もあります。

金、銀、白印刷

ブライダル関連や高級飲食店、高級旅館など、企業の高級感を出したいという場合には、金、銀、白インクでの印刷がぴったり。箔押加工にすれば、さらに高級感が増します。

使用する用紙次第で、さらに雰囲気を出すことも可能です。

用紙の色をカラーにする

封筒の用紙は白色のものが使われることが多いのですが、コーポレートカラーの用紙を使うのがおすすめです。

また、一般的な白色の紙は内容物が透けてしまうため、会社ロゴなどを使用した地紋印刷で中身の判読を防止できます。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較