封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

手提げ袋

店舗や企業が手提げ袋を作るメリットとは?

手提げ袋

小物をまとめたい時、ちょっと手荷物が増えた時などにあると便利な手提げ袋。実用性が高いがゆえに、手提げ袋は人にあげると喜ばれ、実際に使ってもらいやすいものです。

ですから企業やお店の名前を冠した手提げ袋を作って渡せば、それが歩く看板として高い宣伝効果を発揮してくれます。コストがチラシ並みに安く、手軽に作れるのも魅力の一つ。

かさばらないので多めに作って保管しておくことも可能です。ロゴやテーマカラーにこだわったオリジナルの手提げ袋を作れば、企業やお店のブランディングにも役立ちます。

こんなうれしい効果が!オリジナル手提げ袋製作の成功事例

実際にオリジナルの手提げ袋を作ると、どのような反響が期待できるでしょうか?

企業のイメージ定着を図る

例えば歴史の古い旅館の場合。高級感のあるデザインを施した手提げ袋を作ることで、風格と品位を演出することができます。

また例えば「子どもや若い女性をターゲットに取り込みたい」という目的を叶えるには、かわいらしいキャラクターをあしらった手提げ袋を制作し、使ってもらうことで親近感を高める効果が期待できます。

新規店を広く知ってもらう

例えば路地裏に新しくできたスイーツ店が、もっと集客を図りたい場合。パッと目を引くオリジナルの紙袋を作れば、商品を買った顧客に持ち歩いてもらうことで、街中や遠方の思わぬ場所で知らない人の目に触れ、興味を持ってもらえます。

またスタイリッシュなデザインにこだわれば、「お洒落なお店」というイメージがついて、ファンになってくれるお客様も増えるでしょう。

手提げ袋を気に入って繰り返し使ってもらえれば、より長い宣伝効果が期待できます。

オリジナル手提げ袋製作のポイントをご紹介

以上のことから、手提げ袋は良くも悪くもお店や企業のイメージを左右するものです。特にお店の場合は袋のデザインが商品の印象まで変えてしまいますから、より自分たちのイメージに近く、個性を忠実に表したものを作るべきです。

テーマカラーやアピールしたいイメージを決める

まずはコーポレートカラーやお客様に持ってもらいたいイメージを決めましょう。既に企業のロゴなどがある場合はそれも加味してデザインを考えます。

手提げ袋はお客様に使ってもらわなければ宣伝効果が期待できないので、ターゲット層にアピールできるインパクトやお洒落さも重視しなければなりません。

用途に応じたサイズと紙質にこだわる

使い勝手の良さも手提げ袋の使用率を左右します。そこで中に入れるものの性質、大きさを考慮し、持ちやすいサイズ感の袋を選びましょう。

例えば企業向けならA4サイズの紙が入る大きさ、重いものを入れるなら複数回使える丈夫な紙質にこだわるのがお勧めです。

細部にも一工夫しユーザーを増やす

より多くの人に使ってもらうには、持ち手の材質や長さ、袋の形にもこだわりましょう。

例えば高級感を出したいならリボン素材の紐を使用したり、持ちやすくするために肩がけが可能な長さにしたりと、工夫しだいで使い勝手はグンとアップします。

ハグルマ

ハグルマ
納品までの速さ 14営業日
価格(税抜) 51,667円

封筒屋どっとこむ

封筒屋どっとこむ
納品までの速さ 8~12営業日
価格(税抜) 21,166円~55,296円

封筒印刷のコンシェルジュ

封筒印刷のコンシェルジュ
納品までの速さ 12営業日
価格(税抜) 26,235円~46,073円