封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

給与袋

オリジナル封筒なら、会社専用の給与袋もつくれます。専用の給与袋のつくりかたを紹介。

給与袋にオリジナル印刷を

給与袋画像最近では、お給料の支給は銀行振り込みが主流で、手渡しするところも少なくなりましたが、従業員数の少ないところや、短期間のアルバイトに対しては、給与袋に現金を入れて渡しているところもあるかもしれません。

給与袋というと、クラフト封筒に「給料」の文字と、宛名スペース、「○月分」と記されているものをよく見かけます。

給与袋に宛名や会社名を入れたいという場合はもちろん、封筒印刷会社では、個性のあるオリジナルデザインのものを作成することも可能です。

封筒のデザインがどうであろうと、中の金額に変わりはないのですが、せっかくのお給料ですから、もらったときにさらに嬉しい気持ちにしてくれるようなデザインのものなら、お給料をもらうのが、より楽しくなるはず。

受け取る側が楽しい気持ちになれば、渡す側としても嬉しいもの。給与袋ひとつで社内が円満に、とまではいいませんが、少しでも良い雰囲気になるのではないでしょうか。

給与袋で会社のカラーを出すこともできる

給与袋として使用されるのは、角形8号のサイズが一般的です。お札をおらずに入れられる大きさなのですが、金額が少ない場合には、ポチ袋のような小さいサイズもコンパクトでかわいらしく、おすすめです。

給与袋の必要項目は、宛名や日付、会社名などが主ですが、明細を入れることもできます。

別途、明細を作成して同封する手間は省けるのですが、金額が露わになってしまうというデメリットがあるので注意が必要です。

用紙の色はもちろん、インクの色も選ぶことができます。

給与袋の場合、ある程度フォーマットが決まっているので、完全オリジナルでなくても、既製の封筒にテンプレートからデザインを選んで作成しても。パソコンが苦手でも簡単に作ることができますし、オーダーメイドで作成するよりもコストも抑えられます。ただし、データ入稿はイラストレーターが使用できないと入稿できない印刷会社も多いようです。印刷会社によっては、(デザインではない)データ作成を依頼することも可能なところもあるので、尋ねてみるといいですよ。

オーダーメイドでつくるなら、会社のロゴを入れたり、業種に関連するイラストを入れたり、カラフルなインクでベタ印刷をすることもできます。より会社のカラーが出るのでオーダーメイドもおすすめです。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較