封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!
HOME » オリジナル封筒でできることとは?

オリジナル封筒でできることとは?

既製封筒に印刷をしたり、オーダーメイドで作成したりとオリジナル封筒の用途はさまざまです。オリジナル封筒でできることと、作成時のポイントについて紹介していきます。

オリジナルデザインの封筒の用途

会社専用の封筒デザイン

オリジナル封筒でもっとも需要があるのが会社専用のデザイン封筒です。社名やロゴ、住所、電話番号、ファックス番号などの情報を入れたものがベースになりますが、企業の個性を出すのなら、コーポレートカラーでフタや前面にベタ印刷をしたり、業種に応じた窓付きの加工をしたりするとよいでしょう。

高級旅館や高級飲食店、ブライダル関連なら、金銀白印刷や箔押加工などで高級感を出すのもおすすめです。

デザインを重視する職種なら、未晒のクラフトの使用や、ロウ引き加工などもおしゃれです。

会社専用の封筒デザインについて詳しくチェック>>

DM開封率アップを見込める封筒

販売促進効果を高めるために、DMを取り入れている企業はたくさんありますが、開封率を上げるために頭を悩ませているところもあるのではないでしょうか。

DMで販促効果を得るためには、DMを開けてもらわなければならないのですが、中身を見ずに放置されているDMが多いのが実情です。

DMの開封率を上げるためには、開けたくなるキャッチフレーズをつけたり、開けやすい形状にしたり、中身をチラ見せしたりするのが効果的。粗品や割引券、サービス券などを同封するのもおすすめです。

期間や対象者を限定して、心理的にアプローチしてみるのもいいかもしれません。

DM開封率アップを見込める封筒について詳しくチェック>>

招待状の封筒

結婚式やパーティーなどの招待状の印刷は、オリジナル封筒の得意とするところです。

パーティーの内容にもよりますが、招待状は、高級感を感じさせるフォーマルなものがおすすめ。

用紙の厚さが薄いと、あまり高級感が出せないので、厚みのある紙を使うとよいでしょう。中身が見える半透明の紙を使って、中のカードの色を出すようにしてもおしゃれです。

厚めの紙であれば、金や銀の箔押しや、用紙に模様や文字を浮き上がらせるエンボス加工、空押しなど、高級感を演出する加工にもぴったりです。

招待状の封筒について詳しくチェック>>

給与袋

銀行振り込みが主流になっている現代だからこそ、会社のカラーを出したオリジナルの給与袋を作ってみてはいかがでしょうか。

給与袋というとクラフト封筒に「給与」と書かれたものをイメージしがちですが、せっかくオリジナルで封筒を作るのであれば、社名やロゴを入れるだけでなく、コーポレートカラーを使ったスタイリッシュなものにしてみてはいかがでしょう。

通常、給与袋はお札をおらずに入れることができる角形8号サイズが使われることが多いのですが、金額が少ない場合には、ポチ袋サイズで作っても個性が出ていいかもしれません。

給与袋について詳しくチェック>>

月謝袋

月謝袋もオリジナル封筒でできることのひとつです。

月謝袋というと、給与袋同様、クラフト封筒に12ヶ月分の受領印スペースが入ったものが一般的ですが、ピアノやバレエ、水泳、サッカーなど習い事に関連したイラストを入れるなどして、子どもたちのモチベーションが上がるようなものをつくってみませんか?

子どもが複数の習い事をしている家庭では、月謝袋も習い事の数だけあります。同じような系統の封筒だと、どの習い事の袋かわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

印刷のカラーやデザインでオリジナルの月謝袋を作成すれば、一見してどの月謝袋かがわかるので保護者からも喜ばれるのではないでしょうか。

月謝袋について詳しくチェック>>

チケット用の封筒

商品券や割引券、招待券、ギフトカード、映画やコンサートのチケットなどは、専用の封筒をつくることをおすすめします。

既製の封筒だと、大きすぎて取り出しにくく、何のチケットかすぐにわかりにくいという欠点があります。

チケット専用の封筒なら、チケットの中身も確認しやすく取り出しやすいので、もらった側も助かります。

既定サイズの中からサイズを選んで印刷するセミオーダータイプが人気ですが、チケットの大きさや形状が特殊な場合はオーダーメイドで作成することもできます。

チケットの内容に応じて高級感を出す加工をしたり、映画やコンサートが楽しみになるようなデザインにしたりするのもよいでしょう。

チケット用の封筒について詳しくチェック>>

ポチ袋

お年玉だけでなく、お礼やプチプレゼントを入れるのに使うなど、ノベルティとしても人気のポチ袋。企業のお正月用ノベルティとしても人気のアイテムです。

既製の封筒に印刷することはもちろん、オーダーメイドでの作成も可能。

オーダーメイドの場合、1枚の紙に6つの展開図を並べるため、一度に6種類のデザインのポチ袋をつくることもできます。

ポチ袋は用途が多いので、複数のデザインのポチ袋があると、なにかと重宝します。

ポチ袋について詳しくチェック>>

同人誌用の封筒

同人誌のキャラクターを印刷した同人誌用の封筒を作成することもできるので、イベントなどで他者と差別化を図りたい人におすすめです。

同人誌即売会で使用することで、宣伝効果も期待できます。

同人誌用の封筒について詳しくチェック>>

パッケージ製作

食料品や衣類などのパッケージとしてもオリジナル封筒がぴったり。箱よりもコストを抑えることができる上、さまざまな形状に対応できますし、用紙の素材も豊富なので、商品やブランドに合わせたパッケージにすることができます。

デザインによってはラッピング不要になるので、その分コストを減らすことにもつながります。

パッケージ製作について詳しくチェック>>

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較