封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

クラフト封筒

業務用で最も使用頻度が高いといわれているクラフト封筒。ひとくちにクラフト封筒といっても、濃い茶色から薄い茶色、白いものまで、さまざまな色味のものがあります。クラフト封筒の特徴と種類についてまとめています。

クラフト封筒の特徴

クラフト封筒画像クラフト封筒の原料であるクラフト紙は、木材チップに薬品を加え、熱処理をしてつくられています。

紙を白くする漂白がされていないため、比較的強度も高く、丈夫で破れにくいのが特徴です。

そのため、包装紙や、セメント・小麦粉など重いものの運搬用の紙袋、段ボールの材料としても使われています。

強度が高いほか、中身が透けにくいので、封筒によく使われているのです。

クラフト封筒の用途

クラフト封筒にもその色や質によってそれぞれ種類がわけられておりその種類によって用途も異なります。一般的にクラフト封筒とだけ呼ばれるケースのほとんどは半晒クラフトで、重要なやりとりには使用されません。

社内のやりとりや多数送付

一般的に「クラフト封筒」や「茶封筒」と呼ぶ封筒は半晒クラフト封筒が該当し、事務的なやりとりや社内資料の受け渡しや保管、多数宛への送付で使用されるのが一般的です。クラフト封筒とはコストをかけない用途として使用する封筒、と認識をもっておきましょう。

重要な書類の送付

目上に対して送付したり重要な取引での書類を送付する封筒は、基本的に個性はなく上質な印象の封筒を使用します。クラフト封筒の種類のなかでは晒クラフトが質感もザラザラしておらず、印字や直接字を書くのも未晒クラフトに比べると容易のため向いています。しかし封筒の種類を指す際に晒クラフトと呼ぶことはほとんどありません。厳密にはクラフト封筒のなかに白色封筒が含まれますが、一般的な用語として白色封筒とクラフト封筒は別のものとして考え、重要書類ではクラフト封筒は使用しないと認識をもっておくべきです。

個性や特殊な質感を出したい場合

招待状、特別な企画の資料を入れる際などに未晒クラフト封筒を使用するケースがあります。手作りの雰囲気をだしたりデザインや質感を重視することができるクラフト封筒の種類ですが、白色封筒と同様で未晒封筒をクラフト封筒として一般的によぶことはほとんどありません。

クラフト封筒が失礼に当たる場合も

一般的にクラフト封筒や茶封筒とよばれる半晒クラフトは「コストがかからない」封筒になります。そのため封筒の中でも高級感が低いため、目上の人に送る文書や重要書類は半晒クラフトは向いていません。履歴書やエントリーシートなど就職関連の応募書類、取引先との契約書類、機密文書のやりとりなどは白色やケント紙封筒で送付しましょう。しかし企業から顧客相手に送付する書類であっても、多数に送付する前提であるダイレクトメールや請求書や領収書、納品書などは茶封筒が使用しても失礼にはあたりません。

どの封筒を使って送付すればいいのか迷ってしまうこともあるかもしれませんが、封筒の位置づけとしては茶色の未晒や半晒クラフト封筒よりも白色封筒が上位にあたることを認識していれば、誤って失礼な使用することもなくなるでしょう。

クラフト封筒の種類

クラフト封筒は、漂白をしていないため、基本的には茶色い色をしていますが、それを晒すことで色味に変化を出しています。クラフト紙を半分漂白した明るい茶色のものが半晒クラフト、まったく晒していないものが未晒クラフト、白く漂白したものが晒クラフトです。

半晒(はんざらし)クラフト

半晒クラフトは一般的な茶封筒。薄い茶色の封筒がよく使われています。

丈夫で中身が透けにくく、コストが安いのが人気の理由です。

未晒(みざらし)クラフト

未晒クラフトは、濃い茶色の封筒で、半晒クラフトよりも木の色に近い色をしています。ザラっとした素材感があり、独特の風合いを持っています。

ナチュラルでおしゃれな素材を求めるデザイナーさんからの人気も高いようです。

未晒クラフトに印刷する場合は、薄い色よりも濃い色のインクのほうが文字が見やすくなるのでおすすめです。

晒(さらし)クラフト

晒クラフトは、その名の通り、白く晒されたクラフト紙です。見た目は白ですが、もとはクラフトなので、通常の白い紙よりも強度があり、封筒のほか、手提げ袋や角底袋などにもよく使われています。

地の色が白なので、どんな色のインクとも相性がよく、印刷向きの素材といえます。

クラフト封筒は、メーカーによって色味も微妙に異なるので、好みのものを選ぶといいでしょう。

ハグルマ

ハグルマ
納品までの速さ 14営業日
価格(税抜) 51,667円

封筒屋どっとこむ

封筒屋どっとこむ
納品までの速さ 8~12営業日
価格(税抜) 21,166円~55,296円

封筒印刷のコンシェルジュ

封筒印刷のコンシェルジュ
納品までの速さ 12営業日
価格(税抜) 26,235円~46,073円