封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

クラフト封筒

業務用で最も使用頻度が高いといわれているクラフト封筒。ひとくちにクラフト封筒といっても、濃い茶色から薄い茶色、白いものまで、さまざまな色味のものがあります。クラフト封筒の特徴と種類についてまとめています。

クラフト封筒の特徴

クラフト封筒画像クラフト封筒の原料であるクラフト紙は、木材チップに薬品を加え、熱処理をしてつくられています。

紙を白くする漂白がされていないため、比較的強度も高く、丈夫で破れにくいのが特徴です。

そのため、包装紙や、セメント・小麦粉など重いものの運搬用の紙袋、段ボールの材料としても使われています。

強度が高いほか、中身が透けにくいので、封筒によく使われているのです。

クラフト封筒の種類

クラフト封筒は、漂白をしていないため、基本的には茶色い色をしていますが、それを晒すことで色味に変化を出しています。クラフト紙を半分漂白した明るい茶色のものが半晒クラフト、まったく晒していないものが未晒クラフト、白く漂白したものが晒クラフトです。

半晒(はんざらし)クラフト

半晒クラフトは一般的な茶封筒。薄い茶色の封筒がよく使われています。

丈夫で中身が透けにくく、コストが安いのが人気の理由です。

未晒(みざらし)クラフト

未晒クラフトは、濃い茶色の封筒で、半晒クラフトよりも木の色に近い色をしています。ザラっとした素材感があり、独特の風合いを持っています。

ナチュラルでおしゃれな素材を求めるデザイナーさんからの人気も高いようです。

未晒クラフトに印刷する場合は、薄い色よりも濃い色のインクのほうが文字が見やすくなるのでおすすめです。

晒(さらし)クラフト

晒クラフトは、その名の通り、白く晒されたクラフト紙です。見た目は白ですが、もとはクラフトなので、通常の白い紙よりも強度があり、封筒のほか、手提げ袋や角底袋などにもよく使われています。

地の色が白なので、どんな色のインクとも相性がよく、印刷向きの素材といえます。

クラフト封筒は、メーカーによって色味も微妙に異なるので、好みのものを選ぶといいでしょう。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較