封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

安全に郵送できるクッション封筒

衝撃に弱い物を郵送する際に使用する、クッション封筒の種類や素材について紹介しています。

2種類のクッション封筒について

クッション封筒

クッション封筒は主に2種類に分けられます。エアクッションが「封筒の内側に貼り付けられているタイプ」と「封筒に糊付けされていないタイプ」です。

商品の大きさに合わせて選べる封筒

「封筒の内側に貼り付けられているタイプ」は、エアクッションが封筒と一体になっているため、商品の大きさに合わせて選ぶことが好ましいです。

サイズの違いが大きい場合は、封筒の中で商品が動くことによってラッピングがズレたりする可能性もあるので気をつけましょう。

ゴミの分別がしやすく利便性のある封筒

「封筒に糊付けされていないタイプ」は、封筒とエアクッションが別々になっているため、紙ゴミや燃えるゴミなどの分別に手間がありません。

他にも、オリジナルの印刷をした封筒にクッションを入れることも可能ですので、利用しやすい封筒です。

クッション封筒の素材

エアクッションの多くは、ポリエチレン製エアバブルシートが使われています。可燃時にダイオキシンが発生しないことで知られており、環境に配慮した素材ですが、封筒を丸ごと処分することのできる紙クッションを使えば、さらに分別に手間がかかりません。

そのうえ、古紙が使用されていますので費用も抑えられるでしょう。「紙のクッションで大丈夫?」と心配される人もいるかもしれませんが、封筒が二重になっていて紙クッションとのバランスがとれているので問題はありません。

ハグルマ

ハグルマ
納品までの速さ 14営業日
価格(税抜) 51,667円

封筒屋どっとこむ

封筒屋どっとこむ
納品までの速さ 8~12営業日
価格(税抜) 21,166円~55,296円

封筒印刷のコンシェルジュ

封筒印刷のコンシェルジュ
納品までの速さ 12営業日
価格(税抜) 26,235円~46,073円