封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!
HOME » ビジネスでよく使われる封筒の種類

ビジネスでよく使われる封筒の種類

ここでは、ビジネスの場でよく使われている封筒の種類について解説しています。

使用頻度の高い封筒の種類

クラフト封筒

業務用で最も使用頻度が高いのがクラフト封筒。丈夫で破れにくい、中身が透けにくいことなどが人気の理由です。

クラフト封筒には、まったく漂白がされていない未晒クラフト、半分漂白した半晒クラフト、白く漂白した晒クラフトがあります。

 

クラフト封筒について詳しく見る>>

マチ付き封筒

大量の書類や書籍など、厚みのあるものを入れるときに便利なのがマチ付封筒です。

マチ付封筒は丈夫に作られているので、繰り返し使うこともできます。そのため、マチ付封筒のフタの部分には丸タックと呼ばれる留め具がついているのですが、印刷会社によってはこの丸タックのカラーも選ぶことができます。

マチ付き封筒について詳しく見る>>

窓付き封筒

封筒の一部を切り抜いて、その部分にセロハンや半透明のグラシン紙を貼った窓付き封筒。宛名を書いたり、宛名ラベルを貼る手間が省けるというメリットがあります。

宛名部分に窓をつけることはもちろん、ふたつ以上の窓をつくったり、丸や三角などさまざまな形にすることも可能です。

窓付き封筒について詳しく見る>>

透明封筒

中身の見える透明封筒は、DMなどに多く利用されています。

透明封筒にはOPP袋とCPP袋があります。

OPP袋は強度が強く、引っ張ってもほとんど伸びませんが、フィルムの接合部分が裂けやすいという特徴が、CPP袋は引っ張ると伸び、丈夫で引き裂きにも強いという特徴があります。

透明封筒について詳しく見る>>

厚紙封筒

厚紙封筒の種類についてまとめました。どんな商品を入れるときに適しているか。何をデザインに反映させるか。

企業のブランド力を発信するツールとして、どのように利用すれば良いかを紹介しています。

他社と同じでも問題はありません。一般的な厚紙封筒でも充分に商品を守れますが、こだわりのあるデザインは、受け取った相手に存在感が伝わりやすいので、市販品を選ぶ前の参考にして下さい。

厚紙封筒について詳しく見る>>

その他、よく使われる封筒

上記の他にも、さまざまな用途の封筒があります。

クッション封筒

割れたり壊れる恐れのあるものを入れるときには、内側にエアクッションが施されたクッション封筒がおすすめ。

封筒にクッションが付いたもののほか、エアクッションだけを扱っているところもあります。

クッション封筒について詳しく見る>>

大判の封筒

カレンダーやレントゲン写真、大判の写真、図面など、折りたくないものを入れるときには大判の封筒が便利です。

角形0号や角形1号などの既製封筒のほか、天地が500mmを超えるような超大型の封筒もオーダーメイドで作成することができます。

知っておきたい封筒印刷の基礎知識!封筒の形状・寸法や貼り方

普段は何気なく使用していますが、封筒にはいろいろな形があり、それぞれが種類分けされています。もちろんサイズもいろいろ。
ここからは、封筒の形やサイズにどのようなものがあるのかをご紹介します。

長形

「長形」と呼ばれる形状の封筒は、縦の長さが横幅の2倍以上ある形状のものを指します。 長形封筒のサイズは5種類あり、長形1号から4号まで、さらに長形40号というサイズもあります。 長形1~4号は略称で「長1(ながいち)」、「長2(ながに)」と呼ばれており、長1と長2は郵便物の定形外のサイズですが、それ以外は定形サイズです。 長形40号は「長40(ながよんじゅう)」と呼ばれています。

角形

角形は、横幅よりも縦の長さが長く、かつ2倍未満の大きさである封筒を指します。長形と比較すると正方形に近い形です。 角形は0号から8号までのサイズに分けられ、角形0号であれば「かくぜろ」、角形5号であれば「かくご」などと略して呼ばれます。 角形の封筒はほとんどが定形外で、定形は角形8号の「かくはち」のみです。

洋形

洋形は横長の封筒で、長い部分に封入口があります。 紙の出し入れがしやすいのが特徴で、ダイレクトメールなどの発送に使用されることが多いです。洋形は洋形0号から洋形7号まで、8種類のサイズに分けられており、洋形0号以外はすべて定形封筒になります。

それぞれの略称もわかりやすく、洋形0号であれば「ようぜろ」、洋形7号なら「ようなな」と呼ばれます。

よく使われる形とサイズは?

封筒は定形と定形外に分けられますが、定形外は定形封筒よりも郵便料金が高くなるため、定形封筒のほうが圧倒的に多く使われています。

主に使われているのは長形と洋形で、長形1号はB4サイズの紙を三つ折りにしてぴったり入る大きさです。ほかにも、2Lサイズの写真を入れるのにも適しているため、郵便以外でもちょっとした紙の品物を入れてやり取りするのに使われます。

長形3号はA4用紙を三つ折りにしたときにぴったり入るため、書類などの郵送に使われることが多いです。 洋形1号はA5サイズの用紙を二つ折りにしてきれいに入れられます。招待状や案内状の送付に使われることが多いです。

洋形4号はB5サイズの用紙を三つ折りにしてちょうどよい大きさなので、少し大きめの写真を入れるのに便利です。

封筒の貼り方

封筒は紙を加工して貼り合わせて作られていますが、この貼り方にはいろいろな方法があります。用途によって貼り方を選ぶことで、より効率良い利用ができるので、覚えておくとよいでしょう。

代表的な貼り方には、センター貼りと右サイド内貼り、左サイド内貼り、右サイド外貼り、左サイド外張り、カマス内貼りと外張り、ダイヤモンド貼りとあります。

ダイヤモンド貼りは招待状などに使用されることが多いですね。センター貼りと左右のサイド貼りについては、印刷をするかしないかによって使い分けます。サイド貼りのほうが印刷向きです。

内貼りと外張りについては、印刷をする場合が内貼りのほうがきれいに仕上がり、外張りの場合は内側にのりしろがないため紙を入れるときに引っかかりにくいといった特性ありますので、用途に合わせて使い分けます。

右貼りと左貼りについては、祝い事の場合は右貼り、弔事などにおいては左貼りのものを使用することが多いようです。

封筒印刷の工程を紹介!工場で製造されて出荷されるまで

印刷が入る場合は、型抜きの前に印刷から

封筒制作を依頼する際、印刷を入れるケースがあります。なんとなく、封筒を作ってからまとめて印刷に入るような印象がありますが、実際には先に印刷をしてから、封筒の型抜きを行うそうです。

用意される紙は2種類あり、何枚も重なった大きな「平判原紙」というものと、何キロもの長さがあるロール紙を使って印刷していきます。

印刷は必要に応じて両面だったり片面のみだったり、デザインや色味もさまざまです。 印刷が必要な封筒は、多くの場合左右どちらかのサイド内貼りで作られます。

型抜きと窓抜きで封筒の形作り

印刷を終えたら、封筒の型抜きに入ります。 指定された大きさに型抜きし、必要があれば宛名部分に穴を開ける「窓抜き」もこの時に行います。宛名部分に穴が空いていて、その部分に透明のフィルムが貼ってあり、内容物に記載されている宛名が見えるようになっている封筒がありますね。

窓抜きはその宛名部分の穴を開けることを指します。この窓抜きの大きさや形は、封筒の大きさや形、依頼主の好みなどによって大きく分かれるため、封筒の製造工場では何100種類もの窓抜き用の型を用意していて、多いところでは600種類から700種類もの型を揃えているそうです。

この型は、長方形や角のない長方形が一般的ですが、円形や楕円形など、用途に応じてさまざまな形に型抜きできます。

用意してある型と依頼主の希望が一致しない場合には、新たに型を作ります。 窓抜きを終えたら、封筒の内側になる面の窓穴に糊をつけて、透明のフィルムを貼っていきます。

きれいに封筒を折っていく

いよいよ、形を取った封筒を折る工程に入ります。折り紙も同様ですが、折るときには「筋」をつけたほうが折りやすいため、機械には筋をつける機能がついています。 筋をつけた上でどんどん封筒を折っていき、のりしろに糊をつけて接着していきます。

封筒を折る機械は、細かくサイズを設定することができるので、さまざまな大きさの封筒を作ることが可能です。

必要に応じて口糊加工を行う

封筒が完成したら、最後に口糊加工を行います。 糊がなくても封筒に糊付けができるように加工されているものを利用したことがある人も多いですよね。口糊加工が完了したら、封筒の完成です。ここまでの時間は実に短く、ロール紙であれば数秒であっという間にたくさんの封筒が出来上がります

工場によって製造工程に違いがある

使用する用紙や機械は会社によって異なるため、製造工程には若干の違いがあります。

ロール紙を使用している工場と、平判原紙を使用している工場では紙の裁断方法に違いが出るのは当然ですね。とはいえ、印刷から口糊加工までの工程は、どの工場も同様の流れで行われています。

ちなみに、封筒には紙の封筒だけではなく透明のフィルムでできた封筒もありますよね。封を開かなくても内容がすぐにわかるので、ダイレクトメールなどに使用されることが多い封筒です。

この透明封筒については、ロール状のフィルムから製造されます。透明封筒はのりしろなどが必要ないため、機械に仕上がりのサイズを設定したら、そのままフィルムをカットして熱で接合し、封筒の形に仕上げていきます。

透明封筒は多くの場合口糊加工が施されており、この加工については紙の封筒と同じように最後に行われます。そのほかのオプション加工についても、封筒の形を作ってから加工に入ります。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較