封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!
HOME » ビジネスでよく使われる封筒の種類

ビジネスでよく使われる封筒の種類

ここでは、ビジネスの場でよく使われている封筒の種類について解説しています。

使用頻度の高い封筒の種類

クラフト封筒

業務用で最も使用頻度が高いのがクラフト封筒。丈夫で破れにくい、中身が透けにくいことなどが人気の理由です。

クラフト封筒には、まったく漂白がされていない未晒クラフト、半分漂白した半晒クラフト、白く漂白した晒クラフトがあります。

クラフト封筒について詳しく見る>>

マチ付き封筒

大量の書類や書籍など、厚みのあるものを入れるときに便利なのがマチ付封筒です。

マチ付封筒は丈夫に作られているので、繰り返し使うこともできます。そのため、マチ付封筒のフタの部分には丸タックと呼ばれる留め具がついているのですが、印刷会社によってはこの丸タックのカラーも選ぶことができます。

マチ付き封筒について詳しく見る>>

窓付き封筒

封筒の一部を切り抜いて、その部分にセロハンや半透明のグラシン紙を貼った窓付き封筒。宛名を書いたり、宛名ラベルを貼る手間が省けるというメリットがあります。

宛名部分に窓をつけることはもちろん、ふたつ以上の窓をつくったり、丸や三角などさまざまな形にすることも可能です。

窓付き封筒について詳しく見る>>

透明封筒

中身の見える透明封筒は、DMなどに多く利用されています。

透明封筒にはOPP袋とCPP袋があります。

OPP袋は強度が強く、引っ張ってもほとんど伸びませんが、フィルムの接合部分が裂けやすいという特徴が、CPP袋は引っ張ると伸び、丈夫で引き裂きにも強いという特徴があります。

透明封筒について詳しく見る>>

その他、よく使われる封筒

上記の他にも、さまざまな用途の封筒があります。

厚紙封筒

ボール紙でつくられた、丈夫でしっかりした封筒。変形サイズや全面ベタ印刷にも対応しています。

切り抜いて窓をつければ、パッケージとしての利用も可能です。紙の種類も選べます。

クッション封筒

割れたり壊れる恐れのあるものを入れるときには、内側にエアクッションが施されたクッション封筒がおすすめ。

封筒にクッションが付いたもののほか、エアクッションだけを扱っているところもあります。

大判の封筒

カレンダーやレントゲン写真、大判の写真、図面など、折りたくないものを入れるときには大判の封筒が便利です。

角形0号や角形1号などの既製封筒のほか、天地が500mmを超えるような超大型の封筒もオーダーメイドで作成することができます。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較