封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

用紙の厚さ

封筒を作る場合、紙の厚さにも注目してみましょう。厚い紙、薄い紙、それぞれにメリット・デメリットがあります。目的に応じた厚みの紙を使用するといいでしょう。

封筒に使われる紙の厚さの違い

封筒厚さ画像封筒を作製する際、用紙の色や紙質はきちんと確認するものの、意外と見落としがちなのが用紙の厚さです。

使用する用紙によって、紙の厚さは異なります。

紙の厚さが違うと、何が変わるのでしょうか?

紙が薄い場合、当然のことながら重さも軽くなります。一般的に、紙の重さが軽いほうが価格も安くなるので、コストアップにつながります。また、封筒自体が軽いので、重い封筒と比べて、内容物を多めに入れることもできます。

こうしたメリットがある一方で、紙が薄いと中身が透けやすい・紙が裂けやすいというデメリットがあるので注意しましょう。

厚さのある紙を封筒に使用すると、中身が透けません。紙が厚い分、丈夫なことが多いです。

高級感も出ますし、箔押しなどの加工も可能になります。

しかし、紙が厚くなると価格が高くなる傾向にあるので、その分、コストもかかります。

また、封筒自体の重さが出てしまうので、郵便料金がかかってしまうことも。

封筒に使用する紙の厚さについては、メリット・デメリットをふまえた上で、用途に応じたものを選ぶといいでしょう。

紙の厚さの単位

紙の厚さをあらわすのに「kg」という単位が使われています。

紙には規格寸法があります。たとえば、四六判なら788mm×1091mm、B列本判は765mm×1085mm、ハトロン判なら900mm×1200mmという具合です。

この規格寸法の紙1,000枚を1連という単位であらわすのですが、1連あたりの重さがkgで示されます。同じ種類の紙であれば、この連量が大きいもののほうが、紙の厚さがあるということになります。

封筒印刷業者のサイトなどでは「g/m2」という単位を見かけますが、これは、1平方メートルあたりの重さを表したもので「坪量」と呼ばれます。一般的に、数値が大きくなるほど厚い紙、小さくなるほど薄い紙と考えられます。

同じ坪量であっても、封筒の大きさによって厚みは変わってきます。たとえば、同じ80g/m2でも、長形3号の封筒の場合は普通の厚さですが、角形2号の封筒になると薄くなります。

紙の厚さの目安

  • 官製はがき:約0.23mm(約210g/m2)
  • コピー用紙:0.09mm(約65g/m2)
おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較