封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

テンプレート

テンプレートを使って封筒印刷をすることもできます。印刷会社によっては、予めレイアウトがデザインされた「デザインテンプレート」を無料でダウンロードできるところもあります。

封筒印刷用のデザインテンプレートを利用してみましょう

封筒印刷を印刷会社に依頼する際、業者によってはオーダーメイドでの依頼を受けてくれるところもありますが、自分でデザインを持ち込んだほうが、価格も安くなりますし、納期の短縮にもなります。

テンプレートイメージ画像封筒印刷のデザインというと、イラストレーターやフォトショップなどのソフトを持っていないとできないのでは?と思う人もいるかもしれません。

実際に、デザインデータを入稿する場合、ワードやエクセルでのデータでも入稿できるところもありますが、多くの印刷会社で受け入れられているのがイラストレーターによるデータです。

しかし、イラストレーターなどのソフトは、購入するとなるとかなり高額です。デザイン系の仕事をしたり、趣味でいろいろ作ったりすることが多いという人ならまだしも、封筒印刷のデザインのためだけに購入するのはもったいないです。

そこでおすすめなのが、無料のデザインテンプレートを利用する方法。印刷会社の中には、封筒印刷のデザインテンプレートが無料でダウンロードできるところもたくさんあります。使い方も簡単なものが多く、指示に従って入力していくだけで封筒のデザインができるようになっています。

各社専用のテンプレートがあるため、封筒印刷をお願いしようと考えている業者のテンプレートをダウンロードして使いましょう。

デザインデータ入稿時の注意

イラストレーターなどのソフトを使って、自分でデザインしたデータを入稿する場合、いくつか注意しておきたい点があります。

ドキュメントカラー設定はCMYKに

データを作成する際、カラーモードの設定をするのですが、カラーモードには、CMYKやRGBなどがあります。このとき、カラーモードの設定をCMYKにしておかないと、印刷したときに色味が変わってしまうので注意しましょう。RGBモードでは、データ入稿を受け付けてもらえない印刷会社がほとんどです。

また、特色を使用してしまうと、印刷会社でCMYKに変換したときに色味が変化してしまうので、特色を使用する場合は予め印刷会社に相談しましょう。

フルカラー印刷の場合

ドキュメントカラー設定がCMYKになっているかを確認しましょう。また、CMYK以外の色指定が入っていると、フルカラー+特色印刷となりますので注意が必要です。

特色印刷の場合

ドキュメントカラー設定のCMYKモードは同じですが、特色印刷はCMYKの掛け合わせで印刷を行わないため、イラストレーターのデータもCMYKの掛け合わせではなく、スウォッチ指定で入稿するのが一般的です。

また、データ上、K版のみで作成したデータに「K=DIC620」というように特色指定をすることも可能です。

封筒印刷の場合は、特に印刷価格の抑えられる単色~3色印刷が多いので、わからない場合は印刷会社に問い合わせましょう。

テキストをアウトラインに

テキストに使用されているフォントは、そのフォントが印刷会社のパソコンに入っていない場合、別のフォントに置き換えられてしまうことがあります。そのため、フォントはすべてアウトラインにしておくという作業が必要になります。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較