封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

スケジュール

封筒印刷の一般的なスケジュールについて解説し、早い納期を実現するために必要なポイントを紹介します。

封筒印刷のスケジュールと早い納期実現のポイント

封筒印刷を業者に依頼する際、下記のような流れが一般的です。

1.打ち合わせ

封筒のサイズ、紙質、掲載する原稿を提出し、大まかなデザインラフを作製してもらいます。

すでにデザインが決まっている場合には、印刷会社にデザインを提出。細かい部分についての打ち合わせをすることもあります。

2.デザインの提案

印刷会社にデザインからお願いする場合、打ち合わせをもとに製作したデザイン案を提出してもらい、デザインを決定します。

3.校正

決定したデザインに対し、文字の位置や構成などをチェック。追加する部分があれば追加を依頼します。

デザインのチェックだけでなく、文字の間違いがないかもしっかり確認しましょう。封筒には、社名や住所、電話番号など、会社の重要なデータが記載されていることが多いので、けして文字の間違いなどがないように、できれば複数人で確認をすると、より確実になります。

4.校了

デザインや文字などに間違いがなければ印刷に入ります。

5.印刷

早い業者であれば、受付日の翌日には出荷できることもあります。納期の長いところや特殊な技術を要する印刷の場合、1週間ほどかかることも。

6.納品

出来上がった封筒が届きます。届いたらすぐに、印刷ミスや文字の間違いなどがないかチェックしましょう。

業者によっては、仕上がりに満足できなかった場合、返金してくれたり、刷り直しに応じてくれるところもあります。

早い納期にするためには、あらかじめデザインを用意しておくか、業者が用意しているテンプレートや規格に沿ったものを作製するという方法があります。

納期の早い業者は、完全データ(修正の必要のないデータ)で入稿するところがほとんどです。

そのため、印刷会社で校正するということはありませんから、データを入稿する前に、文字の間違いがないか、デザインの位置は合っているかなどを十分に確認するようにしましょう。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較