封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

価格

封筒印刷をするにあたって、まず気になるのが価格です。封筒印刷にかかる費用の目安について解説していきます。

封筒印刷の価格の抑え方

加工の工程を減らしてコスト削減

封筒印刷は、封筒のサイズや使用するインクの色数などによって、価格も異なります。一般的に、カラー印刷よりもスミ1色のほうが安くなりますし、封筒のサイズも大きいものよりも小さいものの方が安いことが多いです。

そのほか、使用する紙の質によっても価格は変わりますし、全面印刷にしたり、特色を使ったり、箔押しやエンボス加工をしたり、窓をつけたりと、加工を施せばその分、価格は高くなります。

発注枚数を増やして単価を下げる

封筒印刷の最小発注枚数は、100枚からというところが多いのですが、100枚よりも200枚、300枚と枚数が多くなる方が割安になります。ですから、現在、必要枚数は少ないけれど、しばらくデザインを変える予定がなかったり、在庫があっても大丈夫という場合には、注文数を増やしてみるのもいいかもしれません。

価格を抑えるために、納期を長くする

納品期間も封筒印刷会社によって異なり、納品期間が短いほうが、価格が高くなる傾向にあります。同じ会社であっても、納品期間によって価格が変わってくるので、納品期間よりも価格を重視する場合には、納期を長くして価格を安くするというのもおすすめ。

封筒印刷の価格を抑えるには、安い印刷会社に依頼する以外にも、こうした方法もあります。少しでも料金を安くしたいと考えているなら、試してみてはいかがでしょうか。

価格が安い理由をチェック

封筒印刷の価格は各社さまざま。できることなら、少しでも安い会社に依頼したいものです。

もちろん、価格がどんなに安くても品質が悪いのでは困ります。安さを売りにしている会社もたくさんありますが、安いのは、単に紙の質を落としているだけかもしれません。その会社が、なぜ価格を抑えられるのかが確認できれば、クオリティについてもある程度の予測がつくかもしれませんね。

後悔しないためにも、安さだけでなく、きちんとしたクオリティのものを作成してくれるところを選ぶようにしましょう。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較