封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

用途に合った用紙

封筒印刷には、さまざまな種類の用紙が使われています。ここでは、代表的な紙の種類について解説します。

封筒印刷で使われる用紙の種類

既製品封筒の用紙には、クラフト封筒、白封筒、カラー封筒などがあります。

オーダーメイド(特注製作)は用紙の種類から選ぶことができるので、既製品封筒にはない紙で封筒を作ることができます。「NTラシャ」や「タント」といった紙銘柄を指定することで、他社とは違った高級感のある封筒が作成可能です。 

クラフト封筒

クラフトはいわゆる茶封筒で、事務用封筒の中でも使用頻度が高い用紙です。クラフトの原料は、繊維の長い針葉樹で、漂白がされていないため、紙の強度が強く、丈夫で破れにくいという特徴があります。また、白封筒に比べると透けにくいです。

クラフトには、原料の色をベースにして作られた未晒クラフト、古紙を混ぜた半晒クラフト、白色の晒クラフトなどがあります。

クラフトは、カラー封筒の原紙として使用されることもあります。

白封筒

白封筒では、ケント紙がもっとも多く使われています。ケント紙は画用紙の中でも厚みがあり、表面がなめらか。強度も高いです。ただし、白封筒は中身が透けて見えやすい、というデメリットがあるので、注意が必要です。

ケント紙の色は、真っ白というよりも少し青みがかっていて、インクの発色がよく、サインペンなどで書いてもにじみにくいという特徴があります。

ケント紙は長期間、光に当たり続けていると変色してしまうことがありますので、日の当たらないところで保管するようにしましょう。

上質紙も白封筒に使われることがあります。上質紙は化学パルプ100%の紙で、光を反射しないため文字が読みやすく、印刷物に多く使われている用紙です。

カラー封筒

カラー封筒画像個性を出しやすいのがカラー封筒です。会社のシンボルカラーに合わせた色で封筒を作製すれば、企業のブランディング効果のアップにもつながるかもしれません。

ビビッドな色味が特徴のコニーカラーは、なめらかさには欠けるものの、強度があってやぶれにくいです。

なめらかで印刷の仕上がりもきれいなハーフカラーは、淡いパステル調の色味が特徴。カラーバリエーションも豊富です。

規格外のサイズなどでオーダーメイド(特注製作)をお考えの場合は、上記2種と比べて安価な「色上質紙」を使用するのもおすすめです。

このほか、原料にコットンパルプを配合し、やさしい風合いのコットンペーパーや、箔押し加工に適した厚みのあるボード紙、中身が透けて見えるトレーシングペーパーなども、用途に応じて使用されることがあります。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較