封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

用途に合った用紙

封筒印刷には、さまざまな種類の用紙が使われています。ここでは、代表的な紙の種類について解説します。

封筒印刷で使われる用紙の種類

既製品封筒の用紙には、クラフト封筒、白封筒、カラー封筒などがあります。

オーダーメイド(特注製作)は用紙の種類から選ぶことができるので、既製品封筒にはない紙で封筒を作ることができます。

「NTラシャ」や「タント」といった紙銘柄を指定することで、他社とは違った高級感のある封筒が作成可能です。 

 

クラフト封筒

クラフトはいわゆる茶封筒で、事務用封筒の中でも使用頻度が高い用紙です。クラフトの原料は、繊維の長い針葉樹で、漂白がされていないため、紙の強度が強く、丈夫で破れにくいという特徴があります。また、白封筒に比べると透けにくいです。

クラフトには、原料の色をベースにして作られた未晒クラフト、古紙を混ぜた半晒クラフト、白色の晒クラフトなどがあります。

クラフトは、カラー封筒の原紙として使用されることもあります。

白封筒

白封筒では、ケント紙がもっとも多く使われています。ケント紙は画用紙の中でも厚みがあり、表面がなめらか。強度も高いです。ただし、白封筒は中身が透けて見えやすい、というデメリットがあるので、注意が必要です。

ケント紙の色は、真っ白というよりも少し青みがかっていて、インクの発色がよく、サインペンなどで書いてもにじみにくいという特徴があります。

ケント紙は長期間、光に当たり続けていると変色してしまうことがありますので、日の当たらないところで保管するようにしましょう。

上質紙も白封筒に使われることがあります。上質紙は化学パルプ100%の紙で、光を反射しないため文字が読みやすく、印刷物に多く使われている用紙です。

カラー封筒

カラー封筒画像個性を出しやすいのがカラー封筒です。会社のシンボルカラーに合わせた色で封筒を作製すれば、企業のブランディング効果のアップにもつながるかもしれません。

ビビッドな色味が特徴のコニーカラーは、なめらかさには欠けるものの、強度があってやぶれにくいです。

なめらかで印刷の仕上がりもきれいなハーフカラーは、淡いパステル調の色味が特徴。カラーバリエーションも豊富です。

規格外のサイズなどでオーダーメイド(特注製作)をお考えの場合は、上記2種と比べて安価な「色上質紙」を使用するのもおすすめです。

このほか、原料にコットンパルプを配合し、やさしい風合いのコットンペーパーや、箔押し加工に適した厚みのあるボード紙、中身が透けて見えるトレーシングペーパーなども、用途に応じて使用されることがあります。

用紙にもこだわるオリジナル封筒印刷!種類が豊富な印刷会社も紹介

封筒印刷は使用する用紙次第で印象がとても変わります。とにかく選べる用紙の種類が豊富な「封筒屋どっとこむ」では希望する用紙の仕入れも依頼できます。

「キングコーポレーション」では環境配慮型の用紙でエコへの取り組みをアピールすることが可能です。オリジナルの紙や特徴的な紙の種類から封筒を選べる会社など、こだわりの用紙で封筒作成が可能な3社をピックアップして紹介します。

あらゆる種類の用紙で封筒作成ができる「封筒屋どっとこむ」

他社では断られた手持ち封筒の紙質再現が可能

封筒屋どっとこむでは、オリジナル封筒を作る際に手持ちの封筒と同じ種類の用紙で作成を依頼することができる「そのまんま封筒」というサービスを提供しています。他の会社では断られてしまったような特殊な紙質の封筒でも引き受けてくれる可能性は高く、特徴的な用紙で印象づけたい場合にはおすすめです。

用紙の仕入れから対応。加工が可能であれば対応してくれる

封筒屋どっとこむは、透けにくい紙からコート紙や上質紙、ケント紙や半透明の紙など、扱っている種類がとにかく豊富です。ラインナップにない場合にも、仕入れの依頼をすることができます。希望の用紙を使って工場での加工ができると判断されれば作成を受け付けてくれます。

和紙の種類も豊富に扱い、色や柄、紙質が違うものを多数取り揃えています。高級感のある紙質のものでは網目模様の「ミニッツGA」、起毛感のある「里紙」、さざ波模様の「マーメイド」、皮のような「レザック」に「タント紙」が使えるなど、選択に迷ってしまうほどかもしれません。

封筒の中身を見えにくくしたいような場合は、「ハーフトーンカラー紙」や「OKプリンス上質エコ」といった透けにくい紙の選択も可能。その反対に透けさせたい場合にも、紙の色濃度の調整や透明度の上げ下げで対応してくれます。

環境配慮型の用紙を選ぶなら「キングコーポレーション」

環境に対応した用紙でエコ封筒を作成できる

キングコーポレーションでは環境対応型の用紙を各種取り揃えています。森林保全に貢献しているFSC(森林管理協議会)の認証を受けたエコ封筒を作ることもできます。

例えば、グラシン窓明封筒という商品は窓の部分を分別不用のグラシン紙といにしているのでビニル部分を分ける必要がなくリサイクルが可能です。他にも、植林と伐採を繰り返すことで循環型森林を行なっている木材から作り出した植林木封筒、間伐材を利用した封筒、分別再利用可能なエコパックメールというクッション付き封筒、100%再生紙封筒シリーズなどエコ封筒の品揃えに優れています。

その他にもエコマーク認定の製品で封筒を作成することで、地球環境に配慮した企業のイメージアップにも繋がるでしょう。そのような用途も兼ねている場合には、キングコーポレーションでの作成がおすすめです。

特殊用紙やインパクトのある用紙の加工依頼もできる

別注の封筒として定形サイズ以外の特殊なサイズや形、特殊紙で依頼すれば他にはないオリジナリティのある封筒を作ることができます。希望次第では好みの紙質を使った用紙で作成することもできます。

例えば、フィルム封筒ではフィルムに直接オフセット印刷をする加工や、デザインによって窓の形状を自由に指定できるタイプなど、用途とアイデア次第で希望に沿ったさまざまな封筒作成が実現できるでしょう。

オリジナル用紙や素材が選択できてカスタマイズ性の高い「ハグルマ」

紙の種類を選んで封筒作成を依頼できる

多くの封筒印刷会社では、依頼する際、はじめに封筒の形状を指定してから注文する必要があります。そんな中、はじめに用紙から選ぶことのできる数少ない会社がハグルマです。豊富に取り揃えられた紙素材の中から好きなものを選んだ上で、形やサイズを選択できるようになっています。

ハグルマオリジナルの紙で個性的な封筒を作成しよう

例えば個性的なシリーズでは、フラミンゴやブタの柄を施したトレーシングペーパー用紙を使った商品も。日本の色を意識しているので、個性的なだけではなくデザイン性にも優れています。また、極厚のコート紙を使用した鏡面光沢仕上げの封筒も用意されており、それぞれ印象に残るようなインパクトを与えます。

定番のクラフト封筒はベーシックなタイプに加え、アンティークな印象を与えるようにロウ引き加工がされている種類も取り揃えています。

ぱっと目を引く蛍光色の色鮮やかなフラッシュカラーも用途によっては利便性が高いでしょう。コットン素材の用紙では特に取り扱いが多ので、用途に合わせてさまざまな風合いや手触り、色味から選べるのも魅力ですね。

ハグルマ独自の用紙の用意もあります。環境に配慮した素材を使用したエコフレンドリーカラーはやさしい色味であたたかさを表現し、古紙配合率70%以上というライナーグレイは、使い方次第でスタイリッシュな印象も与えるでしょう。

ハグルマ

ハグルマ
納品までの速さ 14営業日
価格(税抜) 51,667円

封筒屋どっとこむ

封筒屋どっとこむ
納品までの速さ 8~12営業日
価格(税抜) 21,166円~55,296円

封筒印刷のコンシェルジュ

封筒印刷のコンシェルジュ
納品までの速さ 12営業日
価格(税抜) 26,235円~46,073円