封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!

デザイン

封筒印刷には、既製封筒に社名を入れるタイプと全面オリジナルデザインで作製するタイプがあります。それぞれの特徴を紹介します。

封筒印刷のデザインとは

封筒デザインイメージ画像封筒印刷をデザインする場合、既製封筒にロゴや社名を入れるほか、全面オリジナルの印刷をすることも可能です。

短い納期で作成したいという場合や、パソコンやデザインが苦手という場合には、既製封筒にロゴや社名を入れる方法がおすすめです。

既製封筒にロゴや社名を入れる場合、多くの印刷会社において、ネット上で必要項目を入力するだけでデザインすることができます。画面の指示に従っていくだけなので、パソコンがあまり得意ではないという人でも簡単に操作できます。

また、いくつかのデザインテンプレートの中から好みのものを選ぶだけなので、デザインの知識なども必要ありません。用紙の種類も選べますし、デザインテンプレートの種類も豊富に揃っているので、オリジナルデザインに近い封筒をつくることも可能です。

料金も、オリジナルデザインの物と比べてリーズナブルな場合が多いようです。

オリジナルデザインの封筒で個性を出す

他者との差別化を図るのであれば、オリジナルデザインの封筒を作ってみましょう。ベロ(頭、フラップ)の部分や全面をベタ印刷にすると、かなり目を引きます。

紙に蝋をしみこませた「ロウ引き加工」も、紙の透け感やシワなど、独特の風合いがあり、個性を出すことができます。

高級感を出したいのであれば、高級感のある紙を使用するほか、黒や紺、こげ茶などの濃い色の用紙に金、銀、白などのインクで印刷をしたり、箔押しの加工をするのがおすすめです。

内容物によっては、中身が透けて見えるのは困るということもあるかもしれません。その場合には、厚い用紙を使うほか、透けにくい紙を使ったり、封筒の内側に地紋を印刷することで中身を見えにくくすることも可能です。

宛名部分に窓をつくることももちろんできます。1カ所だけでなく、2カ所、3か所と窓を入れたり、窓の形も四角だけでなく、丸や三角、その他の形にも応じてくれるところもあります。

個性的なデザインの封筒をつくりたいけれど、自分でデザインをするのが苦手という場合には、デザインおまかせで作成してくれる印刷会社もあるので、ぜひ相談してみてくださいね。

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較