封筒作成のコツ&おすすめの封筒印刷会社を教えます

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較!
HOME » 封筒印刷を注文する前に確認したいこと

封筒印刷を注文する前に確認したいこと

ここでは、封筒印刷を業者に注文する前に知っておきたい、確認しておきたいことについてまとめています。

封筒印刷の注文に関する基礎情報

封筒印刷における価格

封筒印刷を印刷会社に依頼する際、まず気になるのが価格ではないでしょうか。

封筒印刷の価格は、業者によってさまざまです。使用するインクの色数や用紙、印刷加工によって変わってきます。ほとんどの場合、発注枚数が多くなるほど割安になる傾向があります。

また同じ会社に、同条件で印刷を依頼した場合、納期が短ければ価格が高く、納期が長くなると価格が安くなります。

封筒印刷における価格を安くする方法を詳しくチェック>>

スケジュール

封筒印刷のスケジュールは、打ち合わせ→デザインの提案→校正→校了→印刷→納品という具合に進むのが一般的です。印刷会社によっては、文字や構図などの校正をしっかり見てくれるところもありますが、多くの場合、完全データでの入稿になるため、校正をしてくれるところは稀です。

文字や構図の校正は、自分たちでしっかりチェックするようにしましょう。

封筒作成から印刷までのスケジュールを詳しくチェック>>

封筒に使われる用紙

用途に合った用紙の種類

一般的な既製品封筒には、クラフト封筒、白封筒、カラー封筒などがあります。

事務用の封筒としてもっとも多く使われているのがクラフト用紙。丈夫で破れにくく、透けにくいという特徴があります。

白封筒にはケント紙が使われることが多いのですが、ケント紙は表面が滑らかでインクの発色がいいといわれています。ただし、白封筒は透けやすいので、重要書類を送る際は、透けにくい加工がされた封筒を使うなどの工夫が必要です。

カラー封筒には、ビビッドな色味が特徴のコニーカラーと、淡いパステル調の色味が人気のハーフカラーがあります。

封筒の用途に合った用紙について詳しくチェック>>

用紙の厚さが厚い場合と薄い場合のそれぞれのメリット

用紙の種類とともに確認しておきたいのが用紙の厚さ。

用紙によって厚さが異なりますが、薄いほうがコストが安くなる傾向にあります。厚い紙はコストがかかりますが、丈夫で中身が透けにくいというメリットがあります。

封筒の用紙の厚さについて詳しくチェック>>

封筒印刷会社のサービス

デザインテンプレートが無料でダウンロードできる

印刷会社の中には、封筒のデザインテンプレートが無料でダウンロードできるところもあります。依頼すると、専用のテンプレートを作成してくれる印刷会社もあります。

テンプレートの仕様は各社まちまちなので、発注しようと考えている印刷会社のサイトでのダウンロード、もしくはテンプレートの作成をお願いしないと、デザインの再修正や、仕上がりに誤差が生じる恐れがあるため注意が必要です。

封筒印刷用のテンプレートについて詳しくチェック>>

デザイン

短い納期で封筒を作成したい場合やデザインに自信がない場合は、既成封筒に印刷することもできますが、差別化を図るなら、オーダーメイド(特注製作)封筒がおすすめです。ロウ引き加工や箔押しの加工なども可能です。

封筒作成のデザインについて詳しくチェック>>

料金後納などのデザインも印刷会社へ

料金後納郵便・料金別納郵便・受取人払郵便の封筒を作成する際に、郵便局側からの細かい指示があり、自分で作るのも大変です。印刷会社によっては、その作成を行ってくれるサービスがあるところも…。

料金後納郵便などについて詳しくチェック>>

DMの発送代行

また、封筒の作成だけでなく、DMの発送代行をしてくれるところもあるので、DMを送る機会の多い企業であれば、こうした印刷会社を選んでみるのもいいかもしれません。

DMの発送代行について詳しくチェック>>

おすすめの封筒印刷会社3社で見積もりを徹底比較